2013年09月18日

子供に対する説明

離婚することを子供に伝える場合、いくつか注意すべき点があります。特に子供が幼い場合、離婚の事実を隠しまたは偽って、「お父さんは仕事で遠くへ行った」などとうそを言いたくなるかもしれません。
しかし、それはよいものではありません。
子供が成長し、いずれそれが嘘であることに気づく時が必ずやってくるからです。
嘘であったことがわかると、子供が親を信頼することができなくなります。
親を信頼できない子供は非行に走りやすくなり、子供の将来に影を落としかねません。
幼い子供に離婚を理解させることは困難なものですが、子供の成長度合いを見守りながら、それを少しずつ理解させることが重要です。

さらに子供に別れた配偶者のことを悪くいうことは絶対に避けるべきです。
子供にとってはどちらの親もかけがえのない親であることに変わりはないのです。その一方の親の悪口を言われることが悲しいと感じる事は当然です。
離婚のときは配偶者に対して恨みつらみがあるのは当然ですが、それを子供に伝えることは子供の心を傷つけるだけです。
その子供は、別れた親に捨てられたと考えるようになります。それは子供にとって大きな精神的苦痛になります。
別れた配偶者と関わりたくない気持ちは誰もが理解できますが、子供のことを考えるならば、「会いたかったら、いつでも会える」と言ってあげれば子供は安心します。

子供は自分が離婚の原因だと考えることがあります。
子供のことで喧嘩することは日常のよくある風景です。そんな様子を見た子供は自分のことで喧嘩しているのだと思ってしまうことがあるのです。
子供と離婚は無関係であることを、子供が納得するまで説明することは非常に重要です。
特に敏感な年齢の子供ならば、親の離婚が著しくショッキングな出来事になるので、注意深く時間をかけて話し合うことが大切です。
子供に与える影響を最小化することも親の義務です。
タグ:マメ知識
【関連する記事】
posted by たかちゃん at 12:49| Comment(0) | 子供について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。