2012年07月24日

浮気調査をプロにすべてお任せする場合のメリットとデメリット

おそらくあなたはすごくに大変な状況なのに、更新が遅れてまってすみません。
今日は頑張って、できるだけ多くの記事を追加しますね。


それでは「浮気調査をプロにすべてお任せする場合のメリットとデメリット」について

【メリット】

  ・ あなたが浮気調査をしている事をパートナーに気づかれない

  ・ 今後の人生設計に専念できる

  ・ 精神的な負担が著しく軽くなる

  ・ 慰謝料請求できる可能性が高くなる

  ・ 親権をとれる可能性が高くなる

  ・ 調査会社によっては、離婚問題に詳しい弁護士を紹介してもらえる

【デメリット】

  ・ まともな調査をしない詐欺的な調査会社が存在する

  ・ 調査費用が総額でいくらかかるか分からない事が多い

【メリットの理由】

  ・ あなたが浮気調査をしている事をパートナーに気づかれない

    
    
    浮気調査をしている事がばれてしまうと、

    今後の浮気調査は著しく困難になってしまいます。

    パートナーは簡単には尻尾を出さなくなってしまいます。

    信頼できる調査実績のある調査会社をしっかりと見極めなければいけません

        私のお勧めする調査会社は こちら です


   

  今後の人生設計に専念できる

    浮気調査が終わっただけでは問題は解決しません。

    さまざまな解決すべき問題が山積みなのです。

    たとえば、あなたが専業主婦だった場合、

    離婚となってしまえば、当然何らかの収入を得る

    ために仕事を探す必要がありますよね。

    もしあなたが、男性だった場合、お子さんがいらっしゃったら、

    今後も今の仕事を続けることができるのでしょうか?

    よほど、恵まれた方でない限り、通常は残業や出張もあると思います。

    プロに浮気調査を依頼することで、これらの事を考える

    時間的な余裕、そして、何より精神的な余裕が生まれるのです。


  ・
精神的な負担が著しく軽くなる

    浮気調査はものすごく精神的にきついです。

    例えば、自分で浮気調査をする場合だと、次々と浮気の事実が

    明らかになっていく中、正気を保つことはすごく大変です。

    しかも浮気調査をしている事を気づかれないように普段通りの

    生活をしないといけないのですから、精神的な負担は計り知れません。

    プロに浮気調査を依頼することで、決定的な証拠を得て、

    現実的に 離婚協議⇒離婚調停⇒離婚裁判 と動き始めるまでは、

    浮気調査の事など考えず、普段通りの生活を送る事ができ、

    その結果、精神的な負担が減り、今後の人生設計に専念できるのです。

    この余裕は離婚協議をするときにあなたの精神的支えにもなります。

    離婚協議⇒離婚調停⇒離婚裁判の詳細については

    離婚するための方法と手続 をご覧ください。


  ・ 慰謝料請求できる可能性が高くなる

    これは何と言っても確実な証拠を得られることです


  ・ 親権をとれる可能性が高くなる

    あなたが女性で子どもが幼い(およそ小学校低学年くらい)であれば、

    親権をとれる可能性は高いでしょう。もしも、あなたが男性の場合は、

    子どもが幼い場合親権を取る事は難しくなります。

    妻が浮気をしだすと、育児や家事に手を抜きがちになります

    浮気調査をする中で、

    このような実態が浮き彫りになる事があります。

    妻に育児放棄とみられるような実態があれば、

    男性でも親権をとれる可能性が出てきます。

  ・ 調査会社によっては、離婚問題に詳しい弁護士を紹介してもらえる

    調査で浮気の実態が明らかになった後、あなたはどうしますか。

    ・ 浮気の証拠を突きつけ、

      浮気をやめさせて関係修復をめざす。

      関係修復をめざす方は こちら も参考になさってください。

    ・ 浮気の証拠を突きつけ、離婚協議による離婚をめざす

      協議離婚に弁護士は必要ではありませんが、

      離婚協議では定めることがたくさんあります。

      慰謝料・財産分与・親権・面接交渉の方法・養育費

      これらの事を話し合うのですが、

      この時点で、あなたは浮気調査で疲れ果てていると思います。

      信頼できる弁護士に相談しながら離婚協議を進める事で

      気持ちにゆとりもでき、有利な条件で離婚することもできます。

      ただ、離婚を扱っている弁護士というのが意外に少なく、

      私も セルフ探偵 として自分で調査をしている時に

      弁護士を探しましたが、どの弁護士事務所でも、

      積極的に相談に乗って仕事を取ろうという姿勢が

      見えませんでした。

      弁護士を探すという事は意外に大変な事でした。

      2度目の調査会社からは調査中から証拠の有効性を弁護士と

      相談しながら進めることができましたし、

      調査終了後の離婚協議もサポートしてもらい、

      親権を勝ち取りました。

      離婚後に、「子の監護に関する調停」というのを元パートナーから、

      起こされた時も親身になってサポートしてくれました。

      
原一探偵事務所
では自社の顧問弁護士を紹介してくれるので、

       この点はすごく助かると思います。





【デメリットの理由】

      こちらに関しては よくあるトラブル を参照してください
posted by たかちゃん at 04:34| Comment(0) | 浮気調査の方法とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。