2012年07月24日

自分で浮気調査する場合のメリット・デメリット

お待たせしました、体調を崩したりしてませんか。

心労が重なると、いろんな症状が出てきますので、

気を付けてくださいね。

管理人は当時は全身にじんましんが出たり、拒食症になったりしましたので。。。

さて、今回のテーマ

「自分で浮気調査する場合のメリット・デメリット」に入っていきます。

分かりやすいように、まとめを始めに書いて説明を後にしますね

【メリット】


 
  •  費用がかからない か プロに依頼するよりかなり安くなる

  •  調査で得た知識やスキルが自分の財産になる。
 


        

【デメリット】


  • 浮気調査がパートナーにばれる可能性がある。

  • 精神的な負担が大きい

  • 時間的に余裕がないとできない調査がある


 
  • 浮気の事実や証拠が取れた、後の対応も自分でしないといけない

  • 確定的な証拠が得られにくい
 




【メリット】


 
  • 費用がかからな プロに依頼するよりかなり安くなる
 



理由: 完全に自己流でやってしまえば、ただです。


それでも尾行や張り込みをするのなら、


その場所にいないといけない訳ですから、


その場所に居続けるには、


費用も掛かったりしますよね。


そういう意味では完全に0円というのは、


さすがに無理だと思います。


         
             それでも、浮気調査のマニュアルを購入したとしても、

             プロに浮気調査を依頼するよりは費用は格安です

 
  • 調査で得た知識やスキルが自分の財産になる。
 


理由: つまり、ずっと人に頼らずその知識を使えたり

たとえば、同じような悩みを持つ友人を助ける事もできる。
離婚の危機にある方にとって、
そんな事を考える余裕はないと思いますが。。。
もし、あなたがパートナーとの関係修復を望むのなら、
修復できた後も得たスキルは今後も役立つのだと思います。
(スキルって言っていいのかどうか分かりませんが・・)
            
私のサイト内でも、スキルを提供する商品も紹介してます。

離婚を考えるのではなく、
パートナーとの関係修復 を望むのであれば、
そのスキルは、今後もパートナーとの恋愛や結婚生活において、
役立ち続けるのだと思います。


     
【デメリット】


 
  • 浮気調査がパートナーにばれる危険性が高まる。
 


理由 : 顔が知られている人の尾行は、難しいです。


管理人は知人にお願いして尾行してもらいましたが、


見事にばれました。


そもそも、浮気をしている人は心にやましい気持ちがあるので、


警戒心がすごく高い為、見つかりやすいです。


管理人は浮気調査をしている事に疑いをもたれた後、


調査は非常に難しくなり、結局プロに依頼しました。


このあたりは、予定している管理人体験記で。。


 
  • 精神的な負担が大きい
 


理由: 実はこの要素はかなり大きいです。


決定的な証拠を押さえるまでは、あなたが浮気調査をしている事は、


絶対にバレないようにしなければなりません。
              
パートナーの浮気が、事実として次々と明らかになっていく中、


普段どおりの生活を装うのは、並大抵の精神力では持ちません。


そして、どこかでボロを出して、あなたが浮気調査をしている事が


パートナーにバレてしまい、以後、関係はさらに悪化し、


パートナーも尻尾を出さなくなってしまいます。


我流での浮気調査は非常にリスキーなんです。


 
  • 時間的に余裕がないとできない調査がある
 


理由: これはそのまんまですね。


もし、あなたが仕事を持っていたら、


尾行や張り込みなんて無理ですね。


でも、浮気調査は尾行や張り込みだけではないです。


自分で調査をする場合 の情報は当ブログでも


紹介してます。


 
  • 浮気の事実や証拠が取れた後の対応も自分でしないといけない
 


理由: 浮気の証拠が取れたといっても、


それは 「勝負の土俵に上がる準備ができただけ」


といえます。相撲で言ったらまわしを締めただけです。


これから山ほど乗り越えない山があります。


慰謝料は?財産分与は?


親権は?養育費は?面接交渉は?


参考=親権とは子供の代理人になる権利、


監護権とは子供と生活する権利です。


こちらのサイト結構便利です。 協議離婚.com


 これらの話し合いをするときに、相談できる法律家が


いたほうが絶対に有利なんです。


精神的にも心の支えになってくれます。


当サイトでおすすめしているTVでおなじみの原一探偵事務所

 
では調査終了後も提携している顧問弁護士を紹介してもらえる


ので安心です。





  • 確定的な証拠が得られにくい

理由: 裁判所に離婚を申し立てるには

民法770条のに規定があります。

 1. 配偶者に不貞な行為があったとき

要するに、妻や夫以外とセックスをしたとき

セックスをしたという事を証明する事は、

いくつかハードルがあります。

裸で抱き合っている写真があれば決定的な

証拠と言えますが、ホテルに入った現場を

一回押さえただけだと、

「気分が悪くなったから少し休んだだけ」と、

言い逃れをされ、証明が難しくなるそうです。

これは、私の実体験で実際に弁護士から

言われたことです。

立証するためには、数回ホテルに行った

事実を押さえないといけないそうです

そんな事、普通の一般人にわかりっこないですよね。

一般人の無知につけこむ探偵社のトラブルも聞きます。

この辺りは当サイトの よくあるトラブル

参考にしてください。

だから専門家のサポートが必要なんです。原一探偵事務所

では、自社の顧問弁護士を紹介してくれますので、心強いです。

2.配偶者から悪意で遺棄されたとき

例えば、生活費を入れずに放置されたなど

3 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき

例えば、蒸発して帰ってこないなど

4 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき

具体的な病気としては、早発性痴呆症、麻痺性痴呆症、

躁鬱病、偏執病、初老期精神病等の高度な精神病

5 その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

不貞行為ではないが、いろいろな事情を裁判官が

考慮して離婚が認められる場合など、

        あなたの調査結果が離婚原因の「不貞行為があったこと」の証拠になるのか、

        専門家の意見が絶対に必要なんです。

        証拠能力があるかどうかわからなのに勝負の土俵に上がるのは無謀ですよね

        この辺に関しては私も経験上わかる部分もあるので、今後

        離婚関係法令としてまとめますので参考にしてください。

        ただし、法律の学習はしましたが専門家ではないので、

        あくまでも参考としてください
posted by たかちゃん at 13:53| Comment(0) | 浮気調査の方法とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。