2012年07月24日

浮気調査をプロにすべてお任せする場合のメリットとデメリット

おそらくあなたはすごくに大変な状況なのに、更新が遅れてまってすみません。
今日は頑張って、できるだけ多くの記事を追加しますね。


それでは「浮気調査をプロにすべてお任せする場合のメリットとデメリット」について

【メリット】

  ・ あなたが浮気調査をしている事をパートナーに気づかれない

  ・ 今後の人生設計に専念できる

  ・ 精神的な負担が著しく軽くなる

  ・ 慰謝料請求できる可能性が高くなる

  ・ 親権をとれる可能性が高くなる

  ・ 調査会社によっては、離婚問題に詳しい弁護士を紹介してもらえる

【デメリット】

  ・ まともな調査をしない詐欺的な調査会社が存在する

  ・ 調査費用が総額でいくらかかるか分からない事が多い

【メリットの理由】

  ・ あなたが浮気調査をしている事をパートナーに気づかれない

    
    
    浮気調査をしている事がばれてしまうと、

    今後の浮気調査は著しく困難になってしまいます。

    パートナーは簡単には尻尾を出さなくなってしまいます。

    信頼できる調査実績のある調査会社をしっかりと見極めなければいけません

        私のお勧めする調査会社は こちら です


   

  今後の人生設計に専念できる

    浮気調査が終わっただけでは問題は解決しません。

    さまざまな解決すべき問題が山積みなのです。

    たとえば、あなたが専業主婦だった場合、

    離婚となってしまえば、当然何らかの収入を得る

    ために仕事を探す必要がありますよね。

    もしあなたが、男性だった場合、お子さんがいらっしゃったら、

    今後も今の仕事を続けることができるのでしょうか?

    よほど、恵まれた方でない限り、通常は残業や出張もあると思います。

    プロに浮気調査を依頼することで、これらの事を考える

    時間的な余裕、そして、何より精神的な余裕が生まれるのです。


  ・
精神的な負担が著しく軽くなる

    浮気調査はものすごく精神的にきついです。

    例えば、自分で浮気調査をする場合だと、次々と浮気の事実が

    明らかになっていく中、正気を保つことはすごく大変です。

    しかも浮気調査をしている事を気づかれないように普段通りの

    生活をしないといけないのですから、精神的な負担は計り知れません。

    プロに浮気調査を依頼することで、決定的な証拠を得て、

    現実的に 離婚協議⇒離婚調停⇒離婚裁判 と動き始めるまでは、

    浮気調査の事など考えず、普段通りの生活を送る事ができ、

    その結果、精神的な負担が減り、今後の人生設計に専念できるのです。

    この余裕は離婚協議をするときにあなたの精神的支えにもなります。

    離婚協議⇒離婚調停⇒離婚裁判の詳細については

    離婚するための方法と手続 をご覧ください。


  ・ 慰謝料請求できる可能性が高くなる

    これは何と言っても確実な証拠を得られることです


  ・ 親権をとれる可能性が高くなる

    あなたが女性で子どもが幼い(およそ小学校低学年くらい)であれば、

    親権をとれる可能性は高いでしょう。もしも、あなたが男性の場合は、

    子どもが幼い場合親権を取る事は難しくなります。

    妻が浮気をしだすと、育児や家事に手を抜きがちになります

    浮気調査をする中で、

    このような実態が浮き彫りになる事があります。

    妻に育児放棄とみられるような実態があれば、

    男性でも親権をとれる可能性が出てきます。

  ・ 調査会社によっては、離婚問題に詳しい弁護士を紹介してもらえる

    調査で浮気の実態が明らかになった後、あなたはどうしますか。

    ・ 浮気の証拠を突きつけ、

      浮気をやめさせて関係修復をめざす。

      関係修復をめざす方は こちら も参考になさってください。

    ・ 浮気の証拠を突きつけ、離婚協議による離婚をめざす

      協議離婚に弁護士は必要ではありませんが、

      離婚協議では定めることがたくさんあります。

      慰謝料・財産分与・親権・面接交渉の方法・養育費

      これらの事を話し合うのですが、

      この時点で、あなたは浮気調査で疲れ果てていると思います。

      信頼できる弁護士に相談しながら離婚協議を進める事で

      気持ちにゆとりもでき、有利な条件で離婚することもできます。

      ただ、離婚を扱っている弁護士というのが意外に少なく、

      私も セルフ探偵 として自分で調査をしている時に

      弁護士を探しましたが、どの弁護士事務所でも、

      積極的に相談に乗って仕事を取ろうという姿勢が

      見えませんでした。

      弁護士を探すという事は意外に大変な事でした。

      2度目の調査会社からは調査中から証拠の有効性を弁護士と

      相談しながら進めることができましたし、

      調査終了後の離婚協議もサポートしてもらい、

      親権を勝ち取りました。

      離婚後に、「子の監護に関する調停」というのを元パートナーから、

      起こされた時も親身になってサポートしてくれました。

      
原一探偵事務所
では自社の顧問弁護士を紹介してくれるので、

       この点はすごく助かると思います。





【デメリットの理由】

      こちらに関しては よくあるトラブル を参照してください
posted by たかちゃん at 04:34| Comment(0) | 浮気調査の方法とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

できるところは自分で調査して、探偵の調査費用を安くする場合のメリットとデメリット

なかなか更新できずに申し訳ありません。

いかがでしょうか。浮気の調査は進展してますか?

体調に気を付けてくださいね。

緑のあるところでゆっくりしたり、もしお子さんがいらっしゃるのなら、

時には一緒に出掛けて、嫌なことも忘れるようにした方がいいですよ。

余計な前置きだったら、すみません。

では、本題に入ります。今回のテーマ

「できるところは自分で調査して、探偵の調査費用を安くする場合のメリットとデメリット」

入っていきたいと思います。前回と同じように始めに「まとめ」を書いて、

後から「説明」を入れていきますね。
 

【メリット】

   ・ 完全に探偵に依頼するよりも費用が安くなる

   ・ 難しい調査やバレる危険性の高い調査は探偵にお任せするのでリスクが減る

   ・ 精神的な負担が比較的減る

   ・ 今後の人生設計を考える時間・精神的余裕ができる

   ・ 弁護士との連携が取れた調査会社に依頼する事で、

     慰謝料を請求できる可能性が高くなる

   ・ 親権をめぐる争いになった場合、弁護士のサポートがある方が絶対的に有利

   ・ 調査終了後に弁護士の紹介がある

      これは、調査会社によります。調査するだけの探偵社が多い中、

 原一探偵事務所は自社の顧問弁護士を紹介してくれます。


   ・ 確定的な証拠が得られる

【デメリット】

   ・ 調査費用がかかる

   ・ 完全に自分で調査をするよりも、パートナーにばれるリスクは減るが、リスクがないわけではない

【メリットの理由】

   ・ 完全に探偵に依頼するよりも費用が安くなる


       例えば、あなたがパートナーの携帯電話の内容を解読し、

      パートナーの行動パターンをつかむことができたとします。

      そうすると、探偵には特定の場所・日時を指定することで、

      調査費用を抑える事ができます。

      よろしければ、当サイトの 自分で浮気調査をしてみる 

      ご参考にしてみてください。今はいい時代です。ネットで必要な情報が

      簡単に手に入ります。私の時は、一人電気店街に行き、何か方法は

      ないものかと、まさに暗中模索というのがぴったりな状態でした。

       私は初めの調査会社に依頼した時は、この方法を取りました。

       
   ・ 難しい調査やバレる危険性の高い調査は探偵にお任せするのでリスクが減る


       尾行や張り込みは素人には無理です。非常にリスクの高い行動です。
      

       自分で調査できるところは、自分で調査し、まさに浮気調査が

       バレる可能性の高い、尾行や張り込みだけを調査会社に依頼することで

       リスクが減ります。

   ・ 精神的な負担が比較的減る

       このメリットはめちゃくちゃ大きいです。

       一人で誰にも言えず、浮気調査をするのは、みじめにもなりますし、何より

       強烈な孤独感に包まれます。信頼できる調査会社とパートナーシップ

      を持つことでファイトがわきます。事実、私は調査会社に依頼するまでは

      どうしたらいいかもわからずおろおろしておりましたが、調査会社とタッグ

      を組んでからは俄然ファイトがわきました。

   ・ 今後の人生設計を考える時間・精神的余裕ができる

      浮気調査をしている時って、パートナーの浮気の尻尾をつかむのに

      精一杯で、その後の人生設計まで考える余裕はありません。

      すいません、言い切ってしまいました。人によっては強い精神力を

      持っているのかもしれませんが、一人で浮気調査をしながら、

      たとえば、幼い子供のこれからの事を考えるのは、並大抵の

      精神力ではできません。調査会社とタッグを組むことで、

      今後の人生について考える余裕ができます。

   ・ 弁護士との連携が取れた調査会社に依頼する事で、


    
慰謝料を請求できる可能性が高くなる



    親権をめぐる争いになった場合、弁護士のサポートがある方が絶対的に有利


    調査終了後に弁護士の紹介がある

      もうこの3つに関してはまとめてしまいました。

      調査会社によっては調査のプロでも、

      法律に関しては全くの素人であることも少なくりません。

      それどころか、安い見積もりで顧客を募り、法的に不十分な

      調査結果であるにも関わらず調査を終了したり、

      調査続行のための追加料金を請求する調査会社もあるようです。

      
      この辺りは、当サイトの よくあるトラブル で詳しく紹介しますね。
         

      
原一探偵事務所 では顧問弁護士がついているので、安心です。




   確定的な証拠が得られる

      自分で浮気調査をした場合は、裁判で有効に使える証拠

      を押さえる事は難しいです。

      そもそも、裁判で証拠として使える証拠かどうかの判断すらできません。

      離婚を考えている方は、確定的な証拠を得られるよう、

      今回のテーマのように、できるところは自分で調査し、

      費用を少しでも安くして重要な部分をプロに依頼するか、

      費用は高額になると思いますが、すべてをプロに依頼すべきだと思います。

      「高額になると思いますが」と書いたのは、

      プロに浮気の調査を依頼する場合の費用を徹底比較してみました 

      の記事でも、触れましたように、浮気の状況により

      見積もり内容が変わってくるので、

      一概に高額になるとは分からないからなのです。

      今回の記事の趣旨とは違いますが、

      やはり、早い段階で見積もりを取ることをお勧めします。


       原一探偵事務所の無料見積もりはこちら

      見積もりを依頼される際は、一番初めはメールがお勧めです。

      それは何故か?よろしければこちらの記事の中の「浮気調査日誌のすすめ」もご参照ください。

      プロに浮気の調査を依頼する場合の費用を徹底比較してみました 

 【デメリットの理由】 

   調査費用がかかる

      プロを雇うわけですから、当然費用は掛かります。

      これがデメリットといえばデメリットです。

      但し、すでにメリットを記載しておりますが。

      デメリットに余りあるメリットがあると思います。

      それでも、現実問題として無い袖は振れないという事もあります。

      そんな場合は、リスクはありますがご自身で浮気調査をするしかないでしょう。

      
自分で浮気調査をするノウハウはこちらからどうぞ

   完全に自分で調査をするよりも、パートナーにばれるリスクは減るが、リスクがないわけではない

      ハイリスクな調査は探偵に依頼するので、完全に自分で調査をする事と

      比べると、確かにリスクは減ります。しかし、探偵の調査が少なく済むよう

      あなたにも、調査やある行動が求められます。

      ある行動とは、あなたや調査会社の調査により、浮気が行われる日や時間が

      もしわかったのならば、必ずその日にパートナーに浮気を実行

      させないといけないので、パートナーにさりげなく隙を見せるなどの

      工作が必要になってくることがあるんです。

      この工作が結構精神的にきついと感じる方もいるかと思います。

      きついと感じる方にとっては、

      相手に気づかれるリスクが少なからず出てきます。
posted by たかちゃん at 06:43| Comment(0) | 浮気調査の方法とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分で浮気調査する場合のメリット・デメリット

お待たせしました、体調を崩したりしてませんか。

心労が重なると、いろんな症状が出てきますので、

気を付けてくださいね。

管理人は当時は全身にじんましんが出たり、拒食症になったりしましたので。。。

さて、今回のテーマ

「自分で浮気調査する場合のメリット・デメリット」に入っていきます。

分かりやすいように、まとめを始めに書いて説明を後にしますね

【メリット】


 
  •  費用がかからない か プロに依頼するよりかなり安くなる

  •  調査で得た知識やスキルが自分の財産になる。
 


        

【デメリット】


  • 浮気調査がパートナーにばれる可能性がある。

  • 精神的な負担が大きい

  • 時間的に余裕がないとできない調査がある


 
  • 浮気の事実や証拠が取れた、後の対応も自分でしないといけない

  • 確定的な証拠が得られにくい
 




【メリット】


 
  • 費用がかからな プロに依頼するよりかなり安くなる
 



理由: 完全に自己流でやってしまえば、ただです。


それでも尾行や張り込みをするのなら、


その場所にいないといけない訳ですから、


その場所に居続けるには、


費用も掛かったりしますよね。


そういう意味では完全に0円というのは、


さすがに無理だと思います。


         
             それでも、浮気調査のマニュアルを購入したとしても、

             プロに浮気調査を依頼するよりは費用は格安です

 
  • 調査で得た知識やスキルが自分の財産になる。
 


理由: つまり、ずっと人に頼らずその知識を使えたり

たとえば、同じような悩みを持つ友人を助ける事もできる。
離婚の危機にある方にとって、
そんな事を考える余裕はないと思いますが。。。
もし、あなたがパートナーとの関係修復を望むのなら、
修復できた後も得たスキルは今後も役立つのだと思います。
(スキルって言っていいのかどうか分かりませんが・・)
            
私のサイト内でも、スキルを提供する商品も紹介してます。

離婚を考えるのではなく、
パートナーとの関係修復 を望むのであれば、
そのスキルは、今後もパートナーとの恋愛や結婚生活において、
役立ち続けるのだと思います。


     
【デメリット】


 
  • 浮気調査がパートナーにばれる危険性が高まる。
 


理由 : 顔が知られている人の尾行は、難しいです。


管理人は知人にお願いして尾行してもらいましたが、


見事にばれました。


そもそも、浮気をしている人は心にやましい気持ちがあるので、


警戒心がすごく高い為、見つかりやすいです。


管理人は浮気調査をしている事に疑いをもたれた後、


調査は非常に難しくなり、結局プロに依頼しました。


このあたりは、予定している管理人体験記で。。


 
  • 精神的な負担が大きい
 


理由: 実はこの要素はかなり大きいです。


決定的な証拠を押さえるまでは、あなたが浮気調査をしている事は、


絶対にバレないようにしなければなりません。
              
パートナーの浮気が、事実として次々と明らかになっていく中、


普段どおりの生活を装うのは、並大抵の精神力では持ちません。


そして、どこかでボロを出して、あなたが浮気調査をしている事が


パートナーにバレてしまい、以後、関係はさらに悪化し、


パートナーも尻尾を出さなくなってしまいます。


我流での浮気調査は非常にリスキーなんです。


 
  • 時間的に余裕がないとできない調査がある
 


理由: これはそのまんまですね。


もし、あなたが仕事を持っていたら、


尾行や張り込みなんて無理ですね。


でも、浮気調査は尾行や張り込みだけではないです。


自分で調査をする場合 の情報は当ブログでも


紹介してます。


 
  • 浮気の事実や証拠が取れた後の対応も自分でしないといけない
 


理由: 浮気の証拠が取れたといっても、


それは 「勝負の土俵に上がる準備ができただけ」


といえます。相撲で言ったらまわしを締めただけです。


これから山ほど乗り越えない山があります。


慰謝料は?財産分与は?


親権は?養育費は?面接交渉は?


参考=親権とは子供の代理人になる権利、


監護権とは子供と生活する権利です。


こちらのサイト結構便利です。 協議離婚.com


 これらの話し合いをするときに、相談できる法律家が


いたほうが絶対に有利なんです。


精神的にも心の支えになってくれます。


当サイトでおすすめしているTVでおなじみの原一探偵事務所

 
では調査終了後も提携している顧問弁護士を紹介してもらえる


ので安心です。





  • 確定的な証拠が得られにくい

理由: 裁判所に離婚を申し立てるには

民法770条のに規定があります。

 1. 配偶者に不貞な行為があったとき

要するに、妻や夫以外とセックスをしたとき

セックスをしたという事を証明する事は、

いくつかハードルがあります。

裸で抱き合っている写真があれば決定的な

証拠と言えますが、ホテルに入った現場を

一回押さえただけだと、

「気分が悪くなったから少し休んだだけ」と、

言い逃れをされ、証明が難しくなるそうです。

これは、私の実体験で実際に弁護士から

言われたことです。

立証するためには、数回ホテルに行った

事実を押さえないといけないそうです

そんな事、普通の一般人にわかりっこないですよね。

一般人の無知につけこむ探偵社のトラブルも聞きます。

この辺りは当サイトの よくあるトラブル

参考にしてください。

だから専門家のサポートが必要なんです。原一探偵事務所

では、自社の顧問弁護士を紹介してくれますので、心強いです。

2.配偶者から悪意で遺棄されたとき

例えば、生活費を入れずに放置されたなど

3 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき

例えば、蒸発して帰ってこないなど

4 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき

具体的な病気としては、早発性痴呆症、麻痺性痴呆症、

躁鬱病、偏執病、初老期精神病等の高度な精神病

5 その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

不貞行為ではないが、いろいろな事情を裁判官が

考慮して離婚が認められる場合など、

        あなたの調査結果が離婚原因の「不貞行為があったこと」の証拠になるのか、

        専門家の意見が絶対に必要なんです。

        証拠能力があるかどうかわからなのに勝負の土俵に上がるのは無謀ですよね

        この辺に関しては私も経験上わかる部分もあるので、今後

        離婚関係法令としてまとめますので参考にしてください。

        ただし、法律の学習はしましたが専門家ではないので、

        あくまでも参考としてください
posted by たかちゃん at 13:53| Comment(0) | 浮気調査の方法とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。